協会のあらまし
公益社団法人北海道アイヌ協会(以下「協会」という)は、北海道に居住しているアイヌ民族を主な構成員として組織し、「先住民族アイヌの尊厳を確立するため、人種・民族に基づくあらゆる障壁を克服し、その社会的地位の向上と文化の保存・伝承及び発展に寄与すること」を目的とする団体です。
事業内容
  1. 社会的地位の向上に関する啓発と施策の推進
  2. 各種貸付金の貸付け
  3. 職業の確立及び教育の振興に関する施策の推進
  4. 民族文化の保存・伝承及び発展に関する施策の推進
  5. 道内各地域の活動団体への指導・助言、連携促進
  6. 諸民族との交流及び情報交換
  7. 道立アイヌ総合センターの管理
  8. 人種、民族に関する調査研究及び提言
  9. 民族共生の象徴となる空間整備に関する施策の推進
  10. その他この法人の目的を達成するために必要な事業  
設立経緯
1946年2月24日 設立総会開催(静内町)
1946年3月13日 社団法人北海道アイヌ協会として認可
1961年4月13日 北海道ウタリ協会に名称変更
2009年4月1日 北海道アイヌ協会に名称変更
2014年4月1日 公益社団法人北海道アイヌ協会として認定

*アイヌとは、アイヌ語でカムイ(神々)に対する「人間」という意味で、民族呼称でもある。ウタリは「同胞」という意味。
協会の構成
member_img02.jpg
公益社団法人北海道アイヌ協会 理事・監事一覧
役員任期:平成28年5月~平成30年5月(平成28年6月25日現在)

役職 氏名 地区
理事長 加藤 忠 白老
副理事長 阿部 一司 札幌
常務理事 貝澤 和明  
理事 中村 吉雄 千歳
理事 澤田 一憲 苫小牧
理事 宇治 義之 豊浦
理事 山丸 和幸 白老
理事 溝尾 清治 新冠
理事 大川 勝 新ひだか
理事 菊地 修二 様似
理事 岩間 明彦 えりも
理事 椎久 健夫 八雲
理事 伊沢 一浩 上川
理事 荒田 裕樹 帯広
理事 廣野 洋 阿寒
理事 高木 喜久枝 白糠
理事 小川 悠治 標津
監事 勇内山 義房 八雲
監事 三上 純一 むかわ
監事 小川 哲也 本別